ルーシ・ア・ライブ

大阪市で開いてるルーシア宅スマブラオフ会のルールとかオフレポを書いたりしようかなと

スマバト前オフ

1/4(金)23時~1/6(日)スマバト出発まで

ひとまず顔見知りの遠征勢+遠方のスマバトスタッフ対象で

泊まり各日2人まで
寒い&狭い&貸せる寝具がほぼない、という三重苦に対策取れる人がいるならもう1人泊まり可

土、日両日とも遅くとも7:30には出発します

1/4はサイクロプスの対戦会終了後からオフ開始しますが、俺はサイクロプスの途中までチャリで通ってるので、対戦会からうちのオフまで参加する場合は最寄り駅までは自力で来てもらう必要があります。


事前に聞いてるやまにょんさんは優先

現状の参加者
1/4 やまにょん、りーた@(1)
1/5 りーた@1(2)

希望の方は、この記事のツイートにリプライお願いします。

うちに来慣れてる方でも道順、オフルールのページは必ず読んでおいてください。

スマバト前オフ

1/4(金)23時~1/6(日)スマバト出発まで

ひとまず顔見知りの遠征勢+遠方のスマバトスタッフ対象で

泊まり各日2人まで
寒い&狭い&貸せる寝具がほぼない、という三重苦に対策取れる人がいるならもう1人泊まり可

土、日両日とも遅くとも7:30には出発します

1/4はサイクロプスの対戦会終了後からオフ開始しますが、俺はサイクロプスの途中までチャリで通ってるので、対戦会からうちのオフまで参加する場合は最寄り駅までは自力で来てもらう必要があります。


事前に聞いてるやまにょんさんは優先

現状の参加者
1/4 @2(3)
1/5 @2(3)

希望の方は、この記事のツイートにリプライお願いします。

うちに来慣れてる方でも道順、オフルールのページは必ず読んでおいてください。

大会に申請する方へ

いよいよスマブラfor最後にして最大の大会、ウメブラFINALまであと1週間を切りました!

日本のスマブラ史上類を見ない規模のイベントになりそうで俺もとても楽しみです!!



新作に向けてモチベーションが高まって、初めてオフラインの大会に参加してみようかな、もしくは超久々に大会に出てみようかな、って方もたくさんいるんじゃないでしょうか。
と思い立って、そんな方々へ向けて記事書いてみます。

タイトル通り、大会申請に当たってこれだけは守ってほしいこと的なやつです。


結構ダラダラとした文になってしまってますが、全部大事なことなので、ご一読いただけると嬉しいです



1.前日、もしくは当日キャンセルをしない(当然ですが無断キャンセルはもっての他です)

大会運営側に一番負担がかかるのがこれです。いわゆるドタキャンですね。

前提として、急な体調不良やいきなりの出勤命令が下った、身内の凶事等やむを得ない事情でのキャンセルは当たり前ですが除きますよ


運営スタッフは、事前の申請人数に合わせて当日の予選ブロックの人数振り分けや、サブイベントが十全に出来るかどうか等の、大まかなスケジュールを組み立てます。
上記のような不可抗力によるキャンセルを想定して、数人分の増減は視野に入れてはいますが、やはり急に人数が少なくなると、どこかの箇所で予定は確実に狂います。


もうひとつ大きいのが、大会に来たくても来れない人にも迷惑をかける点です。

スマブラXからスマforに移り、大会やイベントへの参加人数は爆発的に増えました。会場のキャパシティを超える参加申請があり、定員が埋まってしまうのも日常茶飯事です。
定員が埋まってしまった大会で、申請に漏れてしまった人が当日に会場に行っても会場に入れるケースはまずありません(前日までに申請そのものを締め切りますし、そもそもドタキャンが出なければ会場のキャパシティは満数なので、本来入れる道理がありません)。

つまり、定員が埋まった大会でドタキャンが出る=「本来大会に出れたけど申請レースに負けてしまったせいでその大会に来れない人」が出てしまう、ということです。
非常にもったいないし、申請間に合わなかった人の心情は察するに余りありますよね。
運営側としては、会場は満員前提で動いてるので、「じゃあ入っていいよ!」と対応するわけにもいきません。
無為に他の人の参加枠を奪ってしまうことに繋がりかねない、ということです。


そして最後の点。
当然ですがマナー違反ですよね。
しつこいですが、前述のようにやむを得ない事情がある場合は、「ああ、残念だけどそれは仕方ないね、次の機会で是非リベンジしに来てね!」ってなりますが、

「予選に当たりたくない人いたから行くのやめよっと」
「なんかスマブラモチベ上がらんから今回は行くのやめとこ」
「他に行きたいイベントあったからそっち行くわ」
「寝坊した」

みたいなのは論外です。

友人との遊ぶ約束に置き換えて考えると更に分かりやすいです。
事前に日程合わせて約束も取り付けて、こっちは準備も整えて待ち合わせ場所に行ったら、

「ごめん、なんか今日は君と遊ぶ気分じゃないからやめとく」
「今日は君以外の人と遊びたくなったからキャンセルで!」

キャンセルされた側で気分を悪くしない人ははたしているでしょうか。


イベントに参加する以前に人としての常識を身に付けましょうってことです。

来れないということが分かった時点ですぐにキャンセルする、最低限運営スタッフや主催に誠意を持ってキャンセルの旨を伝える
ということを念頭に置いてもらえれば大丈夫です!



2.偽名で申請しない

これも時々大きな問題になるやつです。
既に何回か大会に参加したことある方向けですね。

何が問題かというと、主に予選ブロックのシードを公平に選定できない、という点です。

例として
予選1位しか本選に進めない大会があったとしましょう。
その大会で優勝したのはAさん、準優勝はBさん
次の大会で、Bさんが気まぐれでCさんという名前で申請
前回優勝したAさんは当然シードを与えられて、他のシードプレイヤーとは予選で当たらないように予選ブロックを配置
Cさんとして申請してる為、Bさんの名前はなかったので、シードプレイヤーとして判別されず、たまたまAさんのいる予選ブロックへ配置されてしまった

→前回優勝者と準優勝者のどちらかは予選落ち確定です

おかしいですよね。

運営側も何のために事前にプレイヤーの一覧見てシードプレイヤーの選定して予選ブロック組んだんだって話です。


そしてこれも、他の参加者に大きな迷惑がかかります。
主に被害を被るのは、頑張れば予選突破できそう、という位置付けの、中堅一歩手前ぐらいのプレイヤーでしょうか。

また例
前述の大会が、今回は予選突破は各ブロックの2位までになりました
前回は予選で2敗し、予選3位で惜しくも落ちてしまったDさん、今度はシードプレイヤー以外に勝てば予選突破のチャンス
Dさんの今回の予選ブロックのシードプレイヤーは前回優勝者のAさん
Aさん以外に勝つことができれば予選突破です。

Aさんのブロックには、偽名で申請してた前回準優勝者のBさんがいました


不公平ですよね。

こういうケースで、たまに「勝負事なんだから結果が全て、勝てなかった方が悪い」という意見を目にしますが、スマブラのイベントは、何もスマブラに人生全てを捧げた人だけが来るわけじゃないです。
プロを目指す訳じゃなく趣味の範囲で楽しみながら努力して勝ちたい、始めたばかりの初級者だけど1つでも多く勝ちたい、等、競技として取り組むプレイヤーの中でも種類は千差万別です。
それをひとくくりにして「負ける方が悪い」で終わらせるのは些か視点が偏っているように思います。

出来る限り公平になるように運営側も考慮してプレイヤーの配置を決めてるので、偽名申請されるとその努力が全部無駄になっちゃうのもほんとに困ります。


じゃあシードプレイヤーになるような実力じゃなければ偽名申請してもいいの?

運営側にとって迷惑でしかないのでやめてください。
単純に参加者の管理が難しいです。

「今日申請にBさんの名前ないのに会場に来てるけど大丈夫?」
「この人の名前見たことないけど初参加の人?試合呼びたいけど顔分からないからどこにいるか分からない!」
etc


結局は1.のドタキャンと同じくいろんな人に迷惑がかかるのでよくないよ、ということですね。


例外として、ゲームタグを改名した人や、何か込み入った事情があって今回だけ別の名前で申請したい、というケース

改名に関しては、大会の申請欄には大抵コメントを書くスペースがあるので、そこに「元◯◯です。」と書けばOKです。
何らかの事情があって別の名前を使う場合、その大会のTwitterアカウントや主催、最低でも大会スタッフの誰かにDMとかで相談するようにしましょう。



3.一般常識を守って来場する

今さら言うまでもない気はしますが
1と2も広義にはそうだけど、人としてのマナーや礼儀は最低限持ち合わせて来て下さいね、という話。

・飲酒した状態で来ない
・ある程度は清潔さを保った状態で来る
・他の施設利用者に迷惑になるような行動は慎む
etc



散々書いてしまいましたが、要は不特定多数の参加者が来るわけなので、参加者である前に一人の人間として規範を持った行動を心掛けましょう
という当たり前のことが出来てればそうそう問題になんかならないはず。

これで貴方も立派なスマブラオフ勢!!

神曲揃いの軌跡シリーズの音楽を紹介してみよう

9/27にいよいよ軌跡シリーズの新作「閃の軌跡Ⅳ」が発売されますね!超楽しみすぎて何ならスマブラ新作より心待ちにしてるまである。
俺が軌跡シリーズに出会ったのは7年ほど前で、スマブラXのオフに通ってた頃に軌跡シリーズやってる人がたくさんいて、その人たちに勧められたのがきっかけです。
元々RPGが好きなのでなんとなく新しいRPGやってみるかーってノリで始めたような記憶があるんですが、気付いたら一番好きなシリーズのひとつになってた。


そんな軌跡シリーズですが、ここまでハマった原因は間違いなく「BGM」です。
とにかく良曲、神曲が多い!特に戦闘系のBGMは秀逸なものが多い。

軌跡シリーズは
第1作~3作の「空の軌跡FC、SC、3rd」
4、5作の「零の軌跡」「碧の軌跡
6作~9作の「閃の軌跡Ⅰ~Ⅳ」

に大きくわけられるんだけど、

空の軌跡:ジャズみたいな雰囲気のお洒落系
零、碧:上下2つの中間
閃の軌跡:ギター中心のロックっぽいカッコいい系

の良曲がそれぞれ多いです。あくまでも多いってだけなのでそれとは別タイプの曲も当然ありますが。


しつこいですがとにかく良い曲が多くて、その為にゲームやる価値あるとすら思ってるので、そんな軌跡シリーズの中で特に俺が好きな曲の上位10曲でも紹介して布教してみようかな、というわけで久々にブログ書いたよ!








と思ったけど好きな曲が多過ぎて10曲に絞れなかったので上位15曲を紹介しますよ!!!!



なお音楽の知識は皆無なので、使われてる音源の解説とかが間違ってる!みたいなのが気になる人はブラウザの戻るボタンがお勧めですよ






15位
夢と喧騒の聖地(空の軌跡3rd ラスボス曲)
空の軌跡3rdの主題歌のアレンジ。
冒頭であれだけ褒めちぎっといてアレですが、軌跡シリーズはラスボスの少し手前の展開が曲も含めてあまりにも熱すぎて、実はラスボス戦の曲が印象に欠ける感があるんですよね。
この曲はそのイメージを見事に吹き飛ばしてくれるカッコよさなので非常に高評価。

https://youtu.be/USwjWuD0YBg


14位
Unfathomed Force(碧の軌跡閃の軌跡Ⅲ ボス曲)
一部の超強敵戦のみで流れるので聴く機会は多くないけど、曲名の通り敵の底の見えなさ、不可思議さが現れてるメロディが非常に良い。
閃Ⅲで流れたときはテンションうなぎ登りでした。

https://youtu.be/S9mL0PasBkw


13位
Belief(閃の軌跡 ボス曲)
碧~閃シリーズの特徴であるギターをメインにしたカッコいい系。
こういう系の曲はロックしてます!って感じのかなりゴツゴツした曲になりやすいけど、こいつはピアノや他の音で上手く強弱がつけられててとても聴きやすくて好き。

https://youtu.be/8i2doN33__8


12位
Cry for your Eternity(空の軌跡3rd イベント、イベント戦闘曲)
夢と喧騒の聖地と同じく主題歌のアレンジ。前述の曲はカッコよさ全振りのアレンジだけど、こっちは全体的に透き通った感じで非常に美しい出来が特長。
聴いてて本当に心地良いですね。

https://youtu.be/Tn7eKu4WNKk


11位
希望の行方(空の軌跡SC 終盤イベント曲)
軌跡シリーズの中でゲームとして完成度が一番高いのはほぼ間違いなくSCで、その要因のひとつが場面と曲がマッチしすぎてることだと思ってます。
これもその最たる例。是非実際のゲームで流れる場面で聴いてみて欲しい曲。

https://youtu.be/O6YURGwCsMg


10位
Masquerade of Lies(空の軌跡3rd 終盤通常戦闘曲)
軌跡シリーズの多くは終盤になると中盤~後半のボス曲(当然どれも超カッコいい)が通常戦闘曲として使われるんだけど、この曲は終盤とはいえ通常戦闘曲でしか使われない。
この熱さ、カッコよさで通常戦闘曲専用BGMなのはマジでどうかしてる。

https://youtu.be/MfJruaNzMaE


9位
Overdosing Heavenly Bliss(空の軌跡3rd イベント、ボス曲)
空の軌跡神曲といえばこいつは外せない。
俺の語彙力では表現しづらいけど、最初からクライマックスって感じの壮大さの中に、ちょっとだけふわっとした幻想的な感じが混ざってるのが非常にポイント高い。

https://youtu.be/BUFqkmB5SSA


8位
明日を掴むために(閃の軌跡 ラスダン曲)
勇ましいって言葉が似合いすぎる曲。
ロックっぽかったりオーケストラっぽかったり曲調がいろいろ変化して聞いてて飽きない。
曲の半分過ぎたあたりの一旦主旋律が落ち着いてそこからどんどん盛り上がっていく部分が秀逸すぎる。

https://youtu.be/DzDG5PeXgVk


7位
夢幻回廊(閃の軌跡Ⅱ ラスダン曲)
閃Ⅱは物語の終わり方がRPGとしてはちょっと異色で、ラスダン曲もこの通り毛色が違う。
終わってほしくないんだけどそれでも物語がエンディングに近づいていく儚さがめちゃくちゃ綺麗に表現されてる。
ふ、ふつくしい・・・!(死語)

https://youtu.be/hELEnwtlTo8


6位
銀の意志(空の軌跡FC,SC イベント、ボス曲)
先述のOverdosing Heavenly Blissと並んで、空の軌跡神曲といえばまず最初に挙げられる曲。
流れる場面が全部あまりにも激熱でそれも相まってテンションアップ待ったなし。
出てくる敵が強すぎるせいで一部の人にとってはトラウマ曲。

https://youtu.be/d-7zjsM5nQA


5位
atrocious raid(閃の軌跡 イベント、ダンジョン曲)
これが閃Ⅱで流れなかったせいで閃Ⅱの評価下がったってぐらい好きな曲。
先行してる敵を追いかける場面の曲だけど、逼迫してる雰囲気の中に壮大さとカッコよさが含まれてる超名曲。
曲はそのままにイントロ部分が更に壮大になってる「全てを賭して、今ここに立つ」も是非。

https://youtu.be/YbXAqwxwamE


4位
Spiral of Erebos(閃の軌跡Ⅲ ラスダン曲)
空シリーズっぽさのあるピアノを使ったお洒落なイントロ、ストリングス(?)とギターを使い分けた閃シリーズっぽさのあるカッコいい系の主旋律、トランペット(?)を使った中盤の盛り上げからのサビと全てが完璧に噛み合ってる神曲
閃シリーズではこの曲が最強。

https://youtu.be/wHvnwxAg5ww


3位
The Fate of The Fairies(空の軌跡SC イベント戦闘、終盤通常戦闘曲)
イントロ部分のさぁ盛り上がって参りました感が最高すぎる。
サビ部分でリズムが変わって、空のシリーズ共通のメインフレーズのアレンジが入るのもまた素晴らしい。
この辺までくると神曲すぎてもう俺の言葉ではとても表現できない・・・

https://youtu.be/3GB-xej4GFc


2位
Get Over The Barrier! -Roaring Version-(零の軌跡碧の軌跡 終盤イベント、戦闘曲)
零の通常戦闘曲のアレンジ。原曲でも十分すぎる程の良曲だけどそれを完璧な形で進化させた神曲
この曲が流れるのって零の最終盤のイベントシーン1回と、碧の1人のボス戦1回の計2回しか流れないんだけど、軌跡ファンの大半の人が零、碧といえばこの曲!ってなるはず。
ドラクエでいう「勇者の挑戦」ポジションの曲と言ったところ。

https://youtu.be/_qYYetCVBko


1位
Determination of Fight(空の軌跡3rd 通常戦闘曲)
俺が軌跡シリーズを始めたきっかけ。
ピアノのイントロと主旋律、軽快なドラム、木管楽器の中盤の繋ぎ、シンセサイザー(ゲーム音楽なので大体はシンセサイザーなんだろうけどw)の終盤部分、全てがあまりにもお洒落。軌跡シリーズだけじゃなく、今までに聴いたゲーム音楽の中で断トツで一番お洒落カッコいい。

https://youtu.be/c_WfQ_JsDq8




他にも紹介しきれない曲の一例

Sophisticated Fight(空の軌跡FC)
Obstructive Existence(空の軌跡SC)
最後の選択(空の軌跡3rd)
A Light Illuminating The Depths(零の軌跡)
Mystic Core(碧の軌跡)
異郷の空(閃の軌跡)
Awakening(閃の軌跡Ⅱ)
Brave Steel(閃の軌跡Ⅲ)

まだまだ良い曲が山ほどあるので気になる人は調べてみてね!




軌跡シリーズ語れる人はスマバトで僕と握手!

スマバト前オフ募集

8/10(金)の平日大会終了後(23時ぐらい)〜8/12(日)の朝まで

俺と顔見知りの遠征者募集します

泊まり3名まで(3人目の方は寝るスペース狭い+少し暑い可能性あり)

スマバトスタッフの為、朝出発は結構早いです(大体7時出発目処)

土曜の夜と日曜の朝はシグマさんの車に同乗させてもらえるかも

平日大会来る人で、前日の木曜とか、金曜の昼ぐらいから先に来て荷物置いたりスマブラしたい、って方は別途連絡ください

 

現状(敬称略)

金曜:たまにゃそ、ぎんこ、リーマ 〆

土曜:シグマ、ゴブ、たまにゃそ  〆

 

別ページのオフルールや道順読んだ上で、この記事のツイートにリプライお願いします。

関東大会の実況ジャックしてきたった

モチベーションとリアルの事情がうまく噛み合ったので闘龍門とウメブラの為に関東に1週間弱遠征してきました。

関東の大会でも実況席に座りたい、実況者、解説の方ともお近づきになりたいって動機がかなり大きかったんですが、プレイヤーとしてもめちゃくちゃ刺激を受けたのでその辺をしっかりオフレポに残そうと思った次第

まずは普通の日記的な方

数年ぶりに夜行バス使って闘龍門当日の朝に東京入り。
この日1日疲れがやばすぎたので夜行バスで当日入りはもうしないと心に誓った。
午前中は秋葉原を観光して昼から関東のスマブラー数人でシェアハウスをしているスマ宿へ。
荷物置かせてもらって、挨拶もそこそこに早速スマ宿のメンバーと対戦してもらいつつ夕方になんちゃんと2人で闘龍門会場へ。

うめきさん始め何人かのツイッターに上がってる太陽のトマト麺食べに行きました。
めっっっっっっっっちゃ美味かった。トマトの味しっかり出てるうえにトッピングのチーズが超マッチしてて、ラーメンの残ったスープに、別メニューで頼めるご飯放り込んでリゾットにして食べるのが至高すぎた。
これの為にもう一回闘龍門行きたいぐらい。
f:id:dq4358127-luciakirby:20180803123513j:plain

闘龍門の結果自体は、1回戦でいきなりよっシィクラウドに負け、裏側もむねキンリュウに敗けで即敗退でした。
失礼ながらむねキンさんの名前聞いたことなくて、リュウはやってるしいけるなーって軽い気持ちでいたら普通に強い人でうまいこと昇竜当てられてしまった・・・
正直最下位は取らんやろーって思ってたので、関東やばいって思わせられた最初の出来事

というわけで今回の俺の主目的のひとつだった実況席へ
実況席があって、別の場所に施設のスタッフの方がトーナメントツール等を進める席があって、っていうのは関西のサイクロプスと同じ感じ。なんだけど、実況席に置いてあるモニターの数が、ゲーム画面写してるのが2つ、配信のページを写してるのが1つ、トーナメント表を写してるのが1つで合計なんと4つもあって度肝抜かれた。
実況席自体が広いソファーなのもあって、座る人全員が実況をしやすいようにゲーム画面が左右両端に置いてあって、快適に実況できる環境でした。
ライトプロ、履いてるすいのこ、PGR新星のshky、にえとのプロあたりと主におしゃべり・・・じゃなくて実況&解説してました。

控えめに言って超楽しかったです。また行きたい

木金で関東勢とたくさん対戦
らっち~やからの両フォックス、ザクレイRainの両ベヨネッタ、eimシークあたりに関東の洗礼を受けてました。皆強くて超楽しい

eimさんが俺のGCコンについてるキーホルダー見て一目でデートアライブだって気付いてくれたので一気に評価高まりました。

ご飯は大体スマ宿の近くにあるまつのや(ご飯味噌汁おかわり自由の定食屋で値段もなかなか安め、しかも美味い)か弁当originで済ませてた。
大抵一人で弁当食べるかにえとのあかぶちのどっちかとまつのや行ってた。

あとスマ宿の目の前にある焼き鳥屋が美味くて安くてGODでした。商店街の中にスマ宿があるので、他にもご飯どころは開拓しがいありそう。


金曜に他の関西勢も遊びにきたので突発で関東対関西で対抗戦やりました。配信見てくれた方ありです!


他にも数えきれないぐらいの人と対戦していざウメブラ当日へ。

会場の場所がデパート(?)のでっかい建物の中にあってさすが東京って感じだった

プール勝者側1回戦
ブイズずきさん(ルイージ)×○○
いきなり1本取られて雲行き怪しいなって思いつつ2本目から一撃必殺当てるのだけ考えて立ち回ってその通りに事が運んで逆転勝ち
正直ちょっとごめんなさいって感じだった・・・

2回戦
やまだんさん(ピット)○○
朝にフリーでちょっとやった人。
立ち回り硬くてずらしもしっかりできる人だったけど相性差押し付けたのと自分でピット触ってるおかげで最低限の対策できてた。

勝者側準決勝
にえとのさん(DD)××
俺が第4シードだったのでここで第1シードと当たる組み合わせ。
誇張抜きで今の俺が勝てる可能性は0の相手だったので仕方ない・・・読み合い、反撃精度、対策差、スマブラ力全てでボロ負けでした

敗者側準々決勝
ブイズずきさん(ルイージ)○○
もっかい当たった。
今度は自分の動きの固さが取れてていい感じに動けた。
復帰阻止もコンボもいい感じに決まって、最後に隠してたマント斬り当てて勝ち。
表も裏も終始にこやかに対戦してくれてとても感じの良い方でした。

敗者側準決勝
アイゴスキーさん(オリマー)○××
予選発表された時点でめちゃくちゃ不安に思ってたけど見事に的中してしまった。
1戦目は復帰阻止うまいこといったけど2、3戦目が危惧してた通り対策差で圧倒されて負け。3戦目はストックリードしてたのに自分の性格が出て無理に攻めてしまって逆転されたのほんまに・・・って感じ。

数字的にベスト128かな
妥当すぎてコメントしようがない・・・


ま、まぁ俺のメインイベントはここからなんで()

というわけで配信席に自分から売り込みして席に座らせていただきました。快く交代してくださったオムナオトさんほんとにありがとうございます!
一緒に座れなかったのかなり心残りなので次の機会があれば是非とも・・・!!!

最初に各プールの勝者側決勝をげんそうきょうさんと実況、次いで割とお馴染みになってきたライトさんとコンビ組んでその次にあばだんごさんと一緒に話させていただきました。
あばだんごさんとはちょくちょくニアミスする機会はあったけどしっかり話せたのは初めてで、X時代は雲の上の存在だった人とお近づきになれたのは嬉しい限りでした!!!

本選の最初の方までお邪魔して、いい感じに場を暖めてなまーたさんとオムナオトさんに交代、その後は関西勢といろいろ話しつつ応援しつつ、頃合い見計らってまた実況席ジャック。
キシルさんと一緒に喋らせていただきました。
キシルさんは実況だけじゃなくて、今回のトーナメントでもベスト24まで勝ち進んでて尊敬の一言だった。
実況もできつつ解説もできる人で、かつスマブラも強いと、俺が理想としてるスタイルを現状一番実現してる人でとても刺激をもらいました。

トップ4の直前まで実況して、最後はやはりということで、実況のなまーたさんと解説のライトさんにマイクを渡して俺のメインイベント終了。

関東の大会ジャックすると言いつつ小心者なので大事な場面は弁える立ち回り。

実況席の向かい側に配信の設備いじったりトーナメントやらセットカウントやら進める用のスタッフさんが常駐してて、完全に喋りに集中できる環境で凄かった。
実況自体も実況しててテンション上がる対戦しかなくて夢のような一時を過ごさせていただきました。

配信のコメント欄でも関西勢を中心に比較的好意的に受け止めてくださってすごく嬉しかったです。

味をしめるタイプなので、次はあわよくばなまーたさんと一緒に決勝のあたりを実況したいですね!!!!!


関西勢はとわくわあたりがいいところまでいってくれたけど惜しかったですね。
HIKARUくんはウメブラで初トップ3ということでまずはおめでとう!まだまだ上に行ってくれることでしょう。
HIKARUかめめの試合は隣で見てたLickeyさんと一緒にクソ盛り上がってた。正直俺が実況してたら完全にHIKARUびいきになってたと思うので実況席にいなくてよかったかもしれんw

キリハラさんのリセットとか、その後のGF2であばだんごさんがさらに硬さを見せて優勝したのとか、レベル高すぎでやばかったですね・・・


帰りにRainさんに連れてってもらった品川のつけ麺がくっそ美味かった
スマ宿以外で一番仲良くしてもらったと思うしスマブラの話もいろいろできた。Rainさんほんまありがとう。
でもRainさんが中堅の壁守ってると誰も中堅に上がれないからはやく上位勢に戻ってくださいね!!!!!!!!

一緒に行ったかれ~さんがX時代のルーシアカービィを知ってくれてて驚愕。12歳か13歳の時点でFILIPさんがやってたAPEX2012のミラー配信とかも見てたらしい
将来有望すぎ!!
実力もめちゃくちゃ高いし次回作では東北のエース待ったなし

帰ってからにえとのあかぶちもなの3人と負けたやつが酒飲む乱闘
俺の乱闘の恐るべき弱さがスマ宿にも知れ渡ってしまった
まずにえとのあかぶちの二人が強すぎた・・・
お酒たくさん飲めて楽しかったです!!!!!💢💢

日曜はスマバト対戦会でやってたキャラ指定タイマンをスマ宿に広めたら割と好評だった。
にえとのさんが相手のメインを指定してそれに勝つという、このルールの新たな扉を開いてしまった

その餌食になったなんちゃんがこちら

月曜
らっち~さん、FILIPさん、なんちゃんと10先
それぞれ7-10、9-10、9-10と全敗で、善戦はしたけどスマ宿民には届かなかった・・・
実力もそうだけど皆最後の1本の集中力というか心の強さというかその辺が強かった
動画上げていただいてるので、メタナイトとフォックスに興味ある方は見てもらえると嬉しいです!

最後ににえとのさんにフリーしてもらって滞在終了。
マジで強すぎ
対戦後にもらったアドバイスが的確すぎてありがたすぎた。
また関西でレベルアップし成長のほどを見せに行きたいですね


その他
・ラッツさん強すぎ。ゲッコウガへの意識根本から変えさせられた
・キリハラさんも強すぎ。延々とボコられた。関西のロゼッタもっと俺と対戦してくれー!
・Rainさん「ルーシアさんずらしうまいねー!」綺麗に即死決めながら
・なぎーぬさんが直前まで普通の人だったのにほんまに急にやばいやつになって狂気を感じた
・もなさんがかなり武勇伝持っててLickeyと仲が良いのに納得いってしまった
・なんちゃんは大体おもろかったです

他にもいろいろありすぎ密度濃すぎで語りきれない・・・

とにかく全ての時間がひたすら楽しかった!!
語彙力なくてほんまごめんって感じだけど本当にスマ宿で起こった全てが楽しくて、G3で海外行ったときと並んで1番楽しい遠征だった。
関東遠征の際は全力でスマ宿お勧めします。



旅日記はこんなところで。
遠征で関わってくださった全ての方に深い感謝を。
またいつか関東遠征行きます!!

継続は力なり

自分のスマブラ歴をつらつらと書いてるだけなので、めんどい人は最後の方だけ読んでくださいな

スマブラのガチ対戦の世界に足を踏み入れたのは、2010年5月の「関西スマブラ祭」というイベントでした。その後、時期をほぼ同じくして始まっていたスマバトXに頻繁に参加するようになり、今はなきスマコムへの登録を経て、宅オフという文化にも馴染んでいくようになりました。

スマブラXではずっとカービィを使っていて、カービィが弱キャラだったからというのもありますが、それを差し引いてもとにかく勝てなかった。X時代は今ほど大会の参加人数が多くなく(スマバトだと最大で150人、少ないときは48人とかそれ未満のときも)、そのおかげで当時のスマバトは予選落ちがなくて、参加者全員が本選に出られました。
が、その本選で1回勝つまでにまず1年かかりました。で、本選で2回勝てるようになるまでにまたもう1年かかった。

その後も亀のようなペースでなんとか成長していったものの、結局上の方の順位は取れず、X終盤の関東の大会で80人中ベスト32、X最後の大会のスマバトで150人中ベスト48あたりが1番いい成績でスマブラXのオフは幕を閉じました。
この時点でオフに出始めて既に4年も過ぎてた。

スマforに入って、今作では絶対強キャラも使う!と心に決めながら、3ヶ月ぐらいキャラに迷走しつつメタナイト触り始めたのが2015年入ったぐらいで、そこから半年ぐらいは予選落ちたりほんまに調子良かったらベスト32ぐらいまではいけたり、ぐらいの繰り返しでした。
メタナイトが今より強い性能で、ベヨネッタクラウドもいなかった2015年後期〜2016年年明けぐらいの間にちょっとだけ上振れがきてスマバト、カリスマでベスト16、ヒロスマでベスト6まで取れたことはあったけど、その後は結果は安定せず、予選は抜けれるけどよくて24、早いときは64や96でコロッと終わっちゃう程度のプレイヤーのまま現在まできちゃいました。

新作も発表されて、このままスマ4でも大したことないプレイヤーで終わるのかな、と思いながらも、実況という新たな楽しみに出会えたのも良いきっかけになって、最後までこのゲーム楽しみ尽くしたいわということで、久々に関東遠征を決めてそれに向けて、モチベ全盛の頃にやってたぐらいスマブラに取り組むようになった矢先、平日大会ではありますが、やっとベスト4、大会で入賞に届くことができました。

たかが関西のローカル、たかが32人規模の大会と思う人もいると思います。
それでも関西の最上位勢が集まる大会で、スマオフに出てから8年と2ヶ月で初入賞です。その瞬間どれだけ嬉しかったことか。

リアルの事情とか体調不良とかで2週間とか1ヶ月ぐらいスマブラ触ってない期間みたいなのはちょこちょこありましたが、時期によって程度に差はあれどずっとスマブラ続けてきた結果がやっと実りました。
今までスマブラやってきて本当に良かったです。8年間はほんまに長かったけど、これまで勝てなかった悔しさ全部報われた気分です。

当然これで終わることなく更に上の順位、大規模大会で1桁順位目指すのと、少なくとも西日本では1番上手いスマブラ実況者を目指すのを両立目指して頑張ります!


というわけで、何が言いたいかというと、題名の通り、継続は力です。努力を続ければ必ず報われるというのは嘘ですが、努力をせずに結果がついてくることはまずないです。
1年やってやっと本選で1勝できて、8年やってやっと入賞できるようなプレイヤーもいるんだから、数ヶ月や半年で結果でないからって諦めるのはもったいない!


努力の方向性を間違えないよう注意しないといけないとは思いますが・・・




最後に俺の中で2大神漫画の1つである、「ちはやふる」から俺の大好きな台詞をどうぞ
(まつげくんってのは言葉を向けてる相手の渾名)

f:id:dq4358127-luciakirby:20180714122402j:plain

気になった人はうちにきてちはやふる全巻読もう!!!ほんまにおもろいので!